幼なじみは女の子になぁれ 第3巻 本日発売!

さてさて、10日間にわたってお送りしてまいりました、
おさなぁれオールスターカウントダウンも無事終了!

というわけで、「幼なじみは女の子になぁれ」第3巻、本日発売です!
電子書籍版はすでに販売開始しているようです。
紙の本は朝になって本屋さんが開店してからですね。
皆様どうぞよろしくお願いいたします!

そして本日の、最後のカウントダウンキャラはもちろんこの人、
山内詩織こと、小山内伊織(女)です!


KC3ato00-b.jpg

主人公である伊織をいかにして女の子にしておくか、がこの作品のミソであり
自由に男に戻れる設定にしたものの
シルフィの頑張り(?)のおかげで
この子は作中ほとんど女の子の姿でいましたね。

途中からだんだん女の子であることに慣れてきている感もありました(笑)


同人作品の頃から何度かTSモノ、つまり男の子が女の子になってしまう、という
マンガを描いていたんですが、
以前は、せっかく女の子にしたんだから簡単に男に戻れたらつまらない、とばかりに
決して男には戻れない設定にしていました。

そこをなんとかして男に戻れるように頑張るお話だったり、
女の子として生活するにはどうするかみたいなお話だったり、
そういう方向から話を考えていたんですね。

ところが、条件を満たしたら男に戻れる作品を……と考えたとき
いっそ条件をめちゃめちゃ簡単にして、すぐ戻れるようにしたらどうだろう?
と考えたとき、おさなぁれのお話を思いつきました。

簡単に男に戻れるけど、すぐまた女の子にされる……というのは面白いんじゃないかな、と。
1話あたりが短いショートコメディとして考えたとき
ぼくの作風も含めていろいろとマッチして、すごく描きやすく、描いてて楽しいお話が生まれました。

女の子に変身するとき、服も一緒に変わったらいいよな、ということで
いろんなコスプレをさせることもできました。

女の子になると服装や髪型も変わるキャラ、ということで
わかりやすい目印として、アホ毛のキャラクターにしたんですが、
これがなかなかキャラとしてもたってきた感じで、自分でも愛着がわいてきたりしましたね。

おさなぁれの作中に登場するキャラクターのデザインの絶対の条件として
伊織以外にはアホ毛はつけない! というのは決めておりました。


作中何度も何度も変身して、いろんな目にあってきた伊織くん。

なんと第3巻では、彼に最大のピンチが訪れます。
どうなってしまうのか、ぜひぜひコミックスで読んでいただければ幸いです。


というわけでいよいよ最終巻の発売となりましたおさなぁれ。
イブニングで全話読んでくださっている方にもよろこんでいただけるようにと
カバー下や幕間や巻末におまけをたくさん描きました!

恒例の巻末2Pマンガは、今回は「えぴろーぐ」と題したマンガを載せてあります!
最後まで楽しんでもらえたらうれしいです。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします!
そして、伊織や仲間たちを愛してくださって、どうもありがとうございました!
コメント

No title

日曜日に買って昨日よみました。
おまけも最終巻にふさわしいものだったので良かったです。

Re: No title

>エルレスさん
お買い上げありがとうございます!
3巻おまけはラストにふさわしいものを……と考えて、
ああいう感じにしたので、そう言っていただけるとうれしいです。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!
また次回作でお目にかかれるようがんばります!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する